VALUX
ISDN廃止におけるバンキングサービスへの影響について
ISDNなどの公衆交換電話網(PSTN)が、2024年初頭にIP網へ移行する予定であることがNTT東日本/NTT西日本より公表されています。
ISDN音声(電話)サービスは当面継続されますが、ディジタル通信モードはサービス廃止となり、利用できなくなります。

これに伴い、ISDN回線を利用した各金融機関のバンキングサービスもご利用いただけなくなるため、現在ISDNを利用してバンキングサービスをご利用されている方は、後継サービスへの移行が必要となります。
既存サービスのインターネット対応
各金融機関は、ISDN(ディジタル通信モード)廃止を受け、ISDNを利用したサービスの後継として、 ISDN不要の「VALUX」を利用したバンキングサービスに順次対応されております。

「VALUX」を利用した後継バンキングサービスは、既存のPCソフトを利用した、 リアル取引(ANSER)サービスおよび総合振込等のファイル伝送サービスが、操作性そのままにご利用いただけます。

各金融機関が提供する、VALUXを利用したバンキングサービスの詳細につきましては、お取引の金融機関にお問合せください。
ISDNからVALUXへの移行
(※)クリックして拡大図がご覧いただけます。
パソコンバンキング
(※)VALUXサービスとは、
VALUX電子証明書(マルチバンク証明書)をご利用者様に提供し、
お取引の都度VALUXセンタで証明書認証を実施します。
移行メリット

詳細はこちらをご覧ください

ご利用料金の比較
ISDN
VALUX
(※)インターネットは、現在ご利用のインターネット環境がご利用いただけます。
     (VALUX利用専用にインターネットを別途ご用意いただく必要はございません)

VALUX料金の詳細はこちらをご覧ください

移行にあたっての各種サービスお問合せ先
≪専用ソフト、各金融機関バンキングサービス(EB/FB)≫
お取引のある金融機関へお問合せください。
≪VALUX(電子証明書)サービス≫
VALUXサービスに関するお問合せ先はこちら

ページの先頭へ戻る
ページ内に記載されている製品名、サービス名、会社名は、NTTデータもしくは各社の商標または登録商標です。