VALUX
電子証明書 更新手順
【重要】
Windows7でVALUXの電子証明書を取得・更新するためには、セキュリティパッチ(KB974431)を適用いただく必要がございます。
詳細はお知らせページの記事をお読みください。
※サービスパック1(SP1)以降が適用されていれば、セキュリティパッチ(KB974431)は不要です。

お知らせ(2010年3月31日)


電子証明書には有効期間が存在します。
「証明書有効期間」
電子証明書の更新時が間近になりますとアラームが表示されます。
電子証明書の有効期間を指します。発行日より1年と3週間(387日)となります。
更新はサービス利用期限の30日前より行うことが出来ます。

電子証明書の更新時が間近になりますとアラームが表示されます。
アラームの表示タイミングはサービス利用期限の45日前、30日前、14日前、7日前となっています。
アラーム表示は45日前から表示されますが、実際の更新期間は30日前から実施可能となります。
※アラーム表示タイミングは、ご利用のクライアントソフトにより異なる場合があります。
証明書有効期間

1)「メニュー」画面

※「メニュー」画面の表示方法につきましてはご利用ソフトのマニュアルをご参照下さい。
1)「メニュー」画面
「証明書の新規取得・更新」を選択します。

2)「電子証明書の新規取得・更新」画面

2)「電子証明書の新規取得・変更」画面
  1. 更新する証明書を選択します。
  2. 「証明書の更新」を選択します。
2)「電子証明書の新規取得・変更」画面

3)「結果」画面

証明書の所持枚数により結果画面が異なります。
3.1所持枚数が1枚の場合
3)「結果」画面
  1. 「OK」を選択します。
※4)以降の操作は必要ありません。
3.2所持枚数が複数枚の場合
3)「結果」画面
  1. 「OK」を選択します。

4)「利用する電子証明書の選択」画面

※所持枚数が複数の場合は 4)以降の操作を行ってください。
4)「利用する電子証明書の選択」画面
  1. 利用したい証明書を選択します。
  2. 「証明書の選択」を選択します。(証明書を選択するとが選択可能になります。)

5)「結果」画面

5)「結果」画面
  1. 上記のメッセージが出ましたら「OK」を選択します。
完了です。

ページの先頭へ戻る
ページ内に記載されている製品名、サービス名、会社名は、NTTデータもしくは各社の商標または登録商標です。